2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パフのリース・・・berry
2008/12/13(Sat)
また更新が怠ってしまいました(汗)

高等科は順調?に進んでます。

X'mas の布を使った『パフのリース』が完成しました。
布柄の位置を見ながらループをつけて、リボンやオーナメントをつけて完成です。
berryのリースはブルー使用が多いです!

DSCN1639.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 教室 | CM(0) | ▲ top
高等科へ・・・berry
2008/11/21(Fri)
更新が怠ってます(汗)

パッチワーク教室はrinちゃんと共に本科を卒業しまして♪高等科へ入りました^^

第1回目は配色や布の組み合わせの勉強をしてきました。

DSCN1239.jpg

そして2回目はパフで作るリース
明日、教室へ行って綿の詰め加減を先生にチェックしていただきます。
X'masには間に合いそうです♪
この記事のURL | 教室 | CM(0) | ▲ top
布を折って作る星・・・・berry
2008/10/14(Tue)
DSCN1125.jpg

パッチワーク教室でX'masに向けて『布を折って作る星』の壁飾りを習いました。

折り紙のように円形の布を折って重ねていきます。

これは直径25cm、中にキルト芯を2~3枚入れると鍋敷きにもなるそうです。

小さく作ればコースターに♪
この記事のURL | 教室 | CM(0) | ▲ top
なかなか・・・
2008/10/03(Fri)
パッチワーク教室に通い始めてから、shopの作品作りが疎かになってしまい

コラボ展のお誘いの話を頂いてから必死に作り始めたんですが、二つの事を器用にできないあたしは心がいっぱいいっぱいになる時もあって。
もう少し、心にゆとりを持って何でもできたらな~と反省です。

楽しかったイベントもあっという間に終わり、次の日からグダグダになっていたら・・・
ぎゃっ!今週は金曜日が教室の日じゃないのぉ!!と前日に思い出し
作品作りをしていて、宿題に手をつけていなかったあたしはこれまた焦りまくり

朝方4時近くまで掛かってできました

写メで取ったのでボケていますが・・・。

10-2

真ん中のストリングには縫う部分に線を引いてはいけなかったので緊張しながらミシンを掛けました。
それから、縫い合わせていったのですが 縫い終わるたびに物差しでちゃんとできているか調べて・・・
幅が狭くなってしまったところはやり直し・・・
大変でしたー


本科修了のサンプラーキルトの配置を考えていかないといけなかったのですが
そこまで手が回らなく、先生に決めてもらいました
(進歩しない劣等生ですみません)


10-3

前から、サンプラーキルトではオレンジを使いたいと思っていたので先生に話をして
2色のオレンジの生地を出してもらって、明るい方にしました。
それから落としキルトの糸を選んでもらい・・・

やーっとココまできました。

パターンでやり直しをしないといけないのがあるので、それを直してからサンプラーキルトに取り掛かります。


来週から高等科に入るのですが、難しくなっていくのでドッキドキ
ついていけるでしょうか

10時から15時まで授業を受けていたので、終わった時は朦朧としちゃいました(笑

先生もお疲れになりましたよね
ありがとうございました^^


でもっ

できるかな~~~~~~っ

この記事のURL | 教室 | CM(0) | ▲ top
グランドマザーズファン・・・berry
2008/03/28(Fri)
『グランマザーズファン』のパターンが完成しました。

グランドマザーズファン


この製図では初コンパス使用です。
要、扇部分をコンパスで書き、今度はコンパスを使って3等分、6等分していく作業。
布は多色、多柄を選び、柄の出し方ラインをみながら布をカット。
要の部分は円になるように中心から待ち針を止めて細かく縫う・・・・が・・
よぉ~~く見ると要のとこが円になってる??
端にオレンジのラインの布のところを解いて縫い直ししたんだけど・・・やり直す前と同じような・・・
ま!いいや!と開き直り

グランドマザーズファン・・・・お婆ちゃんの扇
にしては「可愛いぃ」と思ったんだけど
このパターンは東洋のイメージのあるデザインで1920~30年のアールデコの流行とともにキルトパターンとしてもてはやされたんだって、贅沢な時代だったこともあってシルク、ウール、ビロードなどゴージャスな布を使って、布の継ぎ目を刺繍で飾ったものも残されているそうです。
布の素材、柄、組み合わせによって表情がかわるパッチワーク・・・・出来上がりも想像していたものと違ったりと楽しいです。
この記事のURL | 教室 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。